簡単!おしゃれなiPhoneのウィジェットの設定の仕方!【3種類の方法を画像つきで教えちゃいます♪】

趣味

みなさん、こんにちは。happyな主婦生活を目指すブロガーのyukagomaです。

今日は、

iOS14.0でできる!おしゃれなiPhoneのウィジェットの設定の仕方!アイコンの設定方法

についてご紹介します。

yukagoma
yukagoma

難しそう・・・と私も思ってましたが、要領を掴めば簡単

今日は、画像つきでじっくり教えますので、3分では読めないかも。

でも設定ができたらきっとhappyになれます。どうぞご一読ください。

それでは、スタート⭐️


ウィジェットの設定って?

ここから先は、iPhoneユーザーの方限定。iOSを14.0以上にアップデートした上で、ご覧ください。

ウィジェットの設定とは2020年9月のアップデートで、初めてiPhoneに追加された機能。

今まではダウンロードしたアプリを並べることしかできなかった、iPhoneの画面を↓のようにおしゃれにカスタマイズできちゃう機能のことです。

↑は私、yukagomaの携帯の画面のスクリーンショット。iPhoneとは思えないくらいおしゃれですよね。

今回は、この設定を3つのレベルに分けてご紹介します。

yukagoma
yukagoma

レベル1だけであれば、画像やアプリの準備も要らず、iPhoneさえあれば出来ちゃいますので、気軽に初めてみてくださいね。

今回教える3レベル(方法)について

では、まず3つのレベルについて説明します。下の画像をご覧ください。

レベル1:画像の準備・アプリ不要 iPhoneの設定のみで作れるアイコン

(=画像の濃いグレーのアイコン)

レベル2:画像を用意してアイコンを設定

(=画像のベージュのアイコン)

レベル3:アプリ必要で大きなウィジェットの設定(場合によっては画像を用意)

(=画像のカレンダーと、写真)

この3つのレベルに分けて説明をしていきます。

少しずつ難しくなりますが、①のみだとかなり簡単です。自分にあったレベルからやってみましょう。

また、使いたいアイコンや背景画像は先に揃えてから始めた方が良いです。インスタグラムなどでかわいいアイコンや画像をフリーで配布してくれているものもあるので、是非探してみてください。私は、Rili.tokyoさんのアイコンをお借りしました。画像もアイコンも、かわいいものを用意してくれているので、是非覗いてみてください。

↑かわいいものがたくさんで、選ぶのが一番時間がかかるかも?!

【必読】これだけは間違えないで!!

これからお伝えする、ウィジェットは、

あくまでも【ショートカット】を作成するものです。

アプリのアイコンが入れ替えるわけではないので、元々のアプリは削除せず必ず残すようにしてください。アプリを削除するとアプリ上のデータもショートカットも全部消えてしまいますよ。

私は、分からなくならないよう『セットアップ済み』というカテゴリを作ってショートカットを作ったアプリはまとめて別のウィンドウに置いてます。⬇️ご参考まで。

大切な思い出を消さないよう、アプリの削除はしないでくださいね。

それでは、早速始めてみましょう。

レベル1 画像の準備・アプリ不要 iPhoneの設定のみで作れるアイコン

iPhoneの設定だけでアイコンを変えてみます。↓のように今回は、カメラのアイコンのショートカットを作ってみます。

画像を使って9ステップで説明♩

①ショートカットAPPを開きます(iOSを、14.0以上にアップデートしたら出てきますよ)

②最初の画面で、右上の【+】を押すと、↓のような画面になるので【+アクションを追加】をクリックします

③下記のよう画面に変わるので、上段左から3番目の【スクリプティ】をクリック

④【appを開く】→【選択】を開くをクリック→アイコンを変えたいアプリ(ここでは📷)を選びます。
 ↓の画像に沿ってクリックしていきます。

⑤右上の【・・・】をクリックします。

⑥ショートカットのアイコンをタッチして、変更後の色味・アイコンを選び、右上の完了をクリックします。

今回は、色はデフォルトの右下のものを、グリフからは普通のカメラのアイコンを選びました。

yukagoma
yukagoma

もともとこんなに色味や、アイコンを選べるなんてすごいですよね。

⑦アイコンが↓のように変わりました。ショートカット名にアイコンの下部に出て欲しいショートカット名を入力します。ここでは、『カメラ🤍』とします。

⑧【ホーム画面に追加】をクリック。ショートカット名の入力画面が再度出ますが(※)、そのまま右上の【追加】→右上の【完了】をクリックしてください。

※このタイミングで、ショートカット名が前の画面で入力したものに変わらない事象が発生することがありますが、少し置いてから完了を押すとショートカット名が変わるので問題ありません。

 

⑨これで、完了です。カメラのアイコンが追加されました。簡単ですよね?

⭐️ここでもう一度注意⭐️
今回作ったのは、元々あった左のカメラアイコンのショートカットです。
↑のようにカメラアプリが消えるわけではないので、どこか別のページ(ここでは、セットアップ済みのカテゴリを作っています)に入れておきましょう。

これでカメラアプリのショートカットアイコンの完成です。

以上が、レベル1の【画像の準備・アプリ不要 iPhoneの設定のみで作れるアイコン】の作り方でした。

レベル2 画像を用意してアイコンを設定(=画像のベージュのアイコン)

ここでは、画像を用意してアイコンに設定する方法をお伝えます。

まずは、アイコンに使いたい画像を探しましょう。

yukagoma
yukagoma

私は、Rili.tokyoさんのアイコンをお借りしました。ありがとうございます。

楽天ROOMのアイコンのショートカットを⬇︎のように、作ってみます。

画像を使って6ステップで説明♩

① まずはレベル1と一緒で、変更したいアプリを選びます。
⑤までは、レベル1と同じ工程を踏んでください。

②レベル1⑤の続きから始めます。ここから、【ホーム画面に追加】→ページが変わるのでショートカットアイコンをクリックし、写真を選択してください。

③アルバムから、画像を選びます。今回は、ベージュのRのアイコンを選びます。

④画像を選択したら、真ん中の画像のようにショートカットの画像が変わります。このタイミングで、アイコンの下に出て欲しいアプリ名も入力します。その後、追加を押してください。

 

⑤追加を押すと1つ前の画面に戻ります。ここで、ショートカットの横のショートカット名を入力してください。ここに入れるショートカット名は、アプリ内での管理に使うものです。④でアプリの下に入力したものと同じでも問題ありません。その後、完了をクリックします。

⑥これで、ROOMの画像を使用し、ショートカットが完成しました。こちらも1行程増えただけなのでそこまで難しくはありませんね。

 

レベル3(画像の準備)・アプリ必要で大きなウィジェットの設定

ここでは、画像を使った大きめのウィジェットやカレンダーなどカスタマイズができるものの設定を行います。私の画面で言う、③と貼っているものです。今回は、左下のファブリックアートの写真を入れてみます。

まずは、使いたい画像を事前に用意しておきましょう。カレンダー等のウィジェットは、アプリで作成できるので、画像などの準備は不要です。

画像を使って9ステップで説明♩

①まずは、アプリをダウンロードします。Widgetsmithというアプリです。iOS14.0以上にアップデートしてからでないとダウンロードできませんので注意してください。

⬇︎このようなアプリがダウンロードされるので、クリックします。

②アプリを開きます。

すると【Add Small Widget】【Add Medium Widget】【Add Large Widget】の3つのタブが出てきます。今回作るものは、、Smallになりますので、【Add Small Widget】をクリックします。
ちなみに、私の画面のカレンダーがMediumサイズです。

 

③【Small#1】というウィジェットが作成されました。ここに、画像を設定していきます。【Small#1】をクリックしてください。

④下のような画面が出てくるので、【Default Widget】をクリックしてください。画面が変わり、ウィジェットを選べるようになります。ここでは、写真を設定しますので、スクロールして【Photo】をクリックしてください。

⑤Choose Photoをクリックすると、アルバムにアクセスができますので、設定する画像を選んでください。選択後、左上の【<Small #1】をクリックして、1つ前に戻ります。

⑥Widgetが選択した画像に変わります。これで間違いなければ右上の【Save】をクリックします。

⑦ここまできたら、いったんiPhoneのホーム画面に戻りましょう。画面を長押しすると、アプリの削除ができる画面になりますが、右上に【+】が出てくると思います。これをクリックしてください。

⑧ウィジェットの検索画面が出てきますので、スクロールして、【Widget Smith】のアプリを選択します。

真ん中のような画面が出てきますので、先ほど作ったのがSmallでしたので、Smallのまま【+ウィジェットを追加】をクリックしてください。右のように、ホーム画面にウィジェットが作成されます。

⑨ウィジェットを長押しします。【ウィジェットを編集】をクリックし、今回作成した【Small#1】を選びます。

⑩ウィジェットが先ほど作った【Small#1】に変わりましたね。これで完成です。

工程②で、大きさを変えれば別の大きさのものを作れますし、

工程④で写真を選ばずカレンダーなどを選択カスタマイズすれば、同じ方法でカスタムができます。


ここまで、3つのレベルに分けて、ウィジェットの選択方法を記載していきましたが、いかがだったでしょうか。この3つの登録を、売り返していけば、簡単にウィジェットをお気に入りのものにできます。アイコンを、ペットやお子さんの画像にするのも良いですね。

レベルが上がるごとに少しずつ複雑なりますが、要領さえつかめば、単調な動きの繰り返しです。工夫1つで、いろいろなウィジェットの設定ができると思います。試してみてください。

 

yukagoma<br>
yukagoma

何か、不明点や分からない部分があれま是非コメントで教えてください。わかる範囲でお答えします。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

yukagoma

コメント

タイトルとURLをコピーしました