バチェロレッテジャパンのあらすじ・感想【3〜4話】脱落者などネタバレあり!

趣味

みなさん、こんにちは。happyな生活を目指す主婦ブロガーのyukagomaです。

今日は、

バチェロレッテジャパン第3〜4話のあらすじ・感想

についてご紹介します。

前回の1〜2話のネタバレが好評いただいているので、続きを早速記事にしてみました。

yukagoma
yukagoma

前回、ちょっと長すぎと指摘を頂いたので、今回は短めに。

書き終わって気づきました。また長くなりました。ごめんなさい。

少し長くなりますが、ぜひ家事の合間にご一読ください。


前回までのあらすじ

バチェロレッテの概要、第1〜2話のあらすじ・感想については、下記の記事をご覧下さい。

まだ、amazonビデオを登録していない方、ご視聴をしたことがない方は、こちらから、amazonビデオを登録・ご覧いただけます。

yukagoma
yukagoma

さて、ここから先簡単なあらすじ・感想を記載していきます。

ネタバレ満載ですので、必要に応じてご覧ください。

第3話 あらすじ&感想

 さて、第2話の最後、浜辺で萌子さんと抱擁をしていた男性は、萌子さんの弟分で、パーソナルトレーナーをしているケビンさんでした。第3話は、このケビンさんも含めたワークアウトから始まります。

萌子さんと一緒に運動をして距離を縮める楽しいイベントかと思いきや、かなりキツそう。男性陣は、とにかくかっこいい姿を見せようと必死ですが、ついていけてない人も多数。

萌子さんは、ケビンにワークアウト中の姿から、ケビンさんに印象を聞いて判断の1つの材料にしようとしていたようです

運動が苦手そうな、藤井 達也さんが最後まで頑張っている姿印象的でした。また、辛い状況で気合いをいれるためか、ケビンに向けてなのか『ふざけんな!』等とぶつぶつ言いながら運動している五島 幸夫さん。その姿に、曇った顔を見せる、萌子さん。辛い時こそ本心が出るというのか、これはマイナスポイントかも?と思える瞬間でした。

萌子さんは、ケビンに印象を聞きます。そこで、藤井 達也さんが萌子さんと二人で話して彼女のことをもっと知りたいと言っていたことを聞き、萌子さんはその後すぐに、男性部屋を訪れ、藤井 達也さんを1on1デートに誘います。

プール側での軽食を二人で囲み、1on1デートに突入です。しかし、二人の会話は噛み合わず、二人は距離を縮めることができません。ここでローズを受け取ることができなかったため、藤井 達也さんはここで脱落となります。脱落を知った、残りの男性が泣きじゃくる藤井さんとハグを交わすシーンが印象的でした。

次は、グループデートです。ここで選ばれたのは、黄 皓さん、榿澤 涼太さん、萩原 章太さんの3人です。ここからは、雰囲気をかえて和服で華道デート。萌子さんの白いお着物が素敵でした。印象が変わりますね。

yukagoma
yukagoma

余談ですが、yukagoma、実は華道を少しやっておりまして。。。

男性陣が花と向き合う姿にキュンときてしまいました。

綺麗な作品を仕上げた黄 皓さん、華道はうまくいかなかった代わりに手紙で萌子さんに思いを伝えた榿澤 涼太さん、男らしい芯のある作品を作った萩原 章太さん。華道は、十人十色で作品に性格が出るのが良いです。ここでは、萩原 章太さがツーショットデート(流石に1on1dデートではありません)に誘われます。二人でスポーツと自分の人生観を中心に話をしましたが、なかなか話が盛り上がらずにローズはもらえずに終わります。

さぁ、2回目のカクテルパーティーです。

各々が、ツーショットの時間を過ごします。ここで印象に残ったのが、下山 裕貴さん。過去に、一度結婚していた経験があり、それが自身の不倫で離婚になってしまった過去を正直に話します。それに対して、萌子さんが『Just your life.』とそれもあなたの人生だと目を見て伝える姿が好印象でした。

さぁここで2回目のローズセレモニー。

ここでの脱落者は、

藤井 達也(フジイ タツヤ、32歳)・イベントオーガナイザー←1on1デートにて脱落

五島 幸夫(ゴトウ サチオ、38歳)・役者

瀬戸口 弘樹(セトグチ ヒロキ、34歳)・美容系インフルエンサー

下山 裕貴(シモヤマ ヒロタカ、37歳)・映像クリエイター

この3(+1)名になりました。五島さんは、やはりワークアウトでの一言が引っ掛かったよう。3名とも、何となく萌子さんと会話が噛み合ってなかった感じがするので予想がしやすかったです。

瀬戸口さんは、美容が度を超えてしまって男性陣ともぶつかり合っていたのでタイミング的には良かったのかもしれません。

ここで残りは。8名となります。『紹興酒を飲みに行こう』の萌子さんの言葉で、第3話が終わります。次の舞台は台湾。自分の故郷にも近い場所だと勝ち誇った顔をする黄 皓さんが印象的でした。

第4話 あらすじ&感想

さて台湾編が始まります。台湾の初日は、萌子さんのおもてなしで紹興酒を飲みながら全員で夜を過ごします。

ここで新たなルールが追加されます。

それが『ストールンローズ』です。萌子さんが参加者とデート中に、萌子さんを『略奪』し、デートをすることができる新たなルールです。ここで重要なのは、略奪を萌子さんが受け入れない場合、略奪しにきた男性はその場で失格となること(略奪された方の男性は略奪されても脱落にはなりません)。

かなりリスクの高い、ストールンローズ略奪に成功しても、その後のデートは1on1デートになるのでデート中にローズをもらえなければ、失格になります。これを使うか使わないかは、参加者次第です。

このルールが追加された後、北原 一希さん、杉田 陽平さん、牧野 龍介さんの3人がグループデートに誘われます。次のグループデートは、3人が朝昼夜に時間を分けて萌子さんを台湾でおもてなすというデートです。どんなデートプランにするかも自分で決めるというハードな流れです。

朝から昼までの時間は、牧野 龍介さんが担当。朝からピシッとしたスーツ姿に、萌子さんも好印象を抱きます。しかし、その後のデートはどちらかというと萌子さんがリードする形に。エスコートするのが苦手なようでとてもぎこちなかったです。

最後はふたりで藍染めをします。バチェロレッテに参加した理由を、萌子さんに会うためだけでなく、スーツのよさを多くの人に伝えたかったと正直に話す姿に、萌子さんは笑顔で答えていました。

昼から夜までの時間は、杉田 陽平さんが担当。萌子さんは、『杉ちゃん』とちゃん付呼び。どのような感情かはわかりませんが、距離は近づいているように感じます。

二人は、ランタンデートを楽しみます。ランタンに、愛とは『花びら』であると描いた杉ちゃんに、萌子さんは感動を隠しきれません。別れ際、杉ちゃんは、最初の自己紹介で見せたモノクロの萌子さんの絵に、沖縄の青萌子さんの印象としてオレンジの色を加えた油絵を見せて、この絵を完成させてたいと話します。萌子さんは、その絵に、涙をこぼし杉ちゃんとのデートが終わります。

最後は、北原 一希さん。萌子さんの合図で街灯の電気が一斉に着くサプライズをした後に、紹興酒を飲みながら自分の手料理を振る舞います。

昔、出張が続いてなかなか会えなかった母親にサプライズで作った親子丼がきっかけで料理人になることになった過去をはなし、心のこもった『親子丼』に、萌子さまは終始感動しているようでした。

3人のデートが終わり、カクテルパーティにシーンは移ります。ここで、萌子さんから発表があります。それは、前日のデートで一番印象に残った人に先にローズを渡したいというものでした。ここで、勝ち誇った顔をする北原 一希さん、その顔を少し面白く感じました。おそらく勝ちを確信していたのでしょうしかし、なんと、ここでローズをもらったのは、杉田 陽平さん。周りの男性陣も驚きを隠せません。でも一番びっくりしているのは、杉ちゃん本人です。その表情にほっこりするシーンでした。

ここからカクテルパーティーが始まります。

萌子さんとツーショットの会話を各々が続ける中、當間 ローズさんと黄 皓さんが言い争いを始めます。勝気な性格の黄 皓さんが、當間 ローズさんの余裕な態度に腹が立ったようです。萌子さんとのツーショットでは、エバンズ マラカイさんが本(交換日記)をわたしたりとそれぞれがアピールをします。

ここでローズセレモニーの3回目が始まります。

ここでの脱落者は、

萩原 章太(ハギワラ ショウタ、34歳)・サーファー

ツーショットデートもできたのに残念ですね。少し人生観が合わなかったようです。積極性にかけていた印象です。

これで残りは7人。もう少し台湾編は続きそうです。

まとめ

10月9日(金)配信の4話はここまで。

5〜6話は、10月16日(金)0:00〜配信です。8話で終了ということもあり、5〜6話で一気に人数が減りそうです。

yukagoma
yukagoma

yukagomaが推している、牧野さん。まだ、残っているのでぜひ頑張って欲しいです。

推しが少し弱いので、次あたりが勝負所になりそうな予感。

そして、新たなルールとなった『ストールンローズ』まだ、使われていませんね。予告では、それっぽいシーンがあったので、ついに初略奪!でしょうか。

次回以降も楽しみです。

以上、バチェロレッテ3〜4話のあらすじ&感想でした。あくまでもyukagomaの勝手な感想ですので軽い気持ちで読んでいただければ嬉しいです。

では、次のブログでまたお会いしましょう〜

yukagoma

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました